基本のゴルフ用品とは?

こちらでは、ゴルフを始めるのに必要な用品を紹介します。まずは必要最低限のものを揃えてから、必要に応じて追加やグレードアップをしていきましょう。

クラブとボール

まず欠かせないのがこの2つです。ボールはたいていダース単位で、1個100〜500円の価格帯で売られていますが、初心者の場合は、予想外のところにボールが飛んでいって回収できないこともよくあるので、安いものを多めに購入しておくといいでしょう。

クラブは目標とする飛距離やボールの弾道によってさまざまな種類があります。さまざまなコースで打てるようになるためには、種類の異なるクラブを複数使い分ける必要があります。一人が使えるクラブは正式には14本までと決められています。

クラブは1本数千円〜数万円、複数のクラブが揃ったセットで中古1万円〜新品5万円〜で売られています。セットの方がお得で使い勝手のいいことがほとんどですが、自分の懐事情や、必要に応じて買い揃えていくといいでしょう。

ゴルフクラブの種類の詳細については、別記事「ゴルフクラブの種類」をご覧ください。

グローブとゴルフシューズ

手袋(グローブ)と靴(シューズ)も専用のものが必要です。グローブはクラブを滑らずにしっかりと握るためのもので、革製、人工皮革製の2種類があります。革製は手触りも良く、手によくフィットしますが、雨に弱いのが難点です。人工皮革製は雨に強く耐久性がありますが、手へのフィット感は劣る面があります。最初は価格の安い人工皮革製を試してみるのがおすすめです。

シューズも、着用必須のゴルフ場が多いため必ず手に入れておきましょう。ゴルフシューズには滑り防止に裏にスパイクやイボ状の突起がついています。さまざまな素材やデザイン、機能のシューズがありますが、主に以下のことに着目して選びます。

・重量や硬さ、フィット感(サイズ)

・スパイクの形状

・締付け調整機能の有無

・防水性(特に内部の防水機能)

・外反母趾などの人はインソールが外せるかどうか

ゴルフ場では常に着用しているものなので、多少値段が張っても最初から品質の良いものを選んでおくのがベストです。

ティー

ゴルフボールを小さな台に置いて打っているのを見たことがあると思います。この台をティーペッグといい、通称「ティー」と呼ばれています。ホールの最初の1打目を打つのにティーを使いますが、こちらもそれぞれの種類のゴルフクラブに対応する多くの種類があります。

最低限、ドライバー用のティーを1つ、別のティーをもう1つ持っておくと良いでしょう。その後必要になったら、3つ、4つと増やしていきます。